2013年03月17日

北里大学病院での化学物質過敏症診察

北里大学病院に以前あった「化学物質過敏症」の窓口が変更となりました。
右のリンクも変更しましたので、ご確認ください。
アレルギー科・臨床環境医学センター(環境医学外来)になりました。

受診前にいくつか準備しておくことや注意がありますので、上記のリンク先をよくお読みになった上で、事前に電話で予約してくださいね。
1.担当医一覧
坂部先生は、娘が発症した頃からいらっしゃる先生です。

2.紹介状は必須です。まずは、アレルギー専門病院で「塗料」などのアレルギー検査を受けたり、他にアレルギーがないかなど血液検査等を行い、その検査結果とその検査をしてくれた病院に紹介状を書いてもらうとよいでしょう。

★ここを受診したからといって、一揆に健康を取り戻せると思わないでください。
★健康回復のためには、日ごろからの自宅を含めた環境改善が必要です。
★食生活を含め、ケミカルフリーにする努力をしてください。

3.全国の化学物質過敏症診察をしてくれる病院
病院ナビを利用するとよいでしょう。

娘が発症したころは、設備としては北里大学病院以外はほとんどないに等しく、知識を持つ専門医もいらっしゃいませんでした。
病院ナビの検索結果を見ても、個人的にはと思うところもありますが、直接受診したわけではないので、コメントは差し控えます。

li-a-03.gif

喚起は必要ですが、花粉症やら黄砂などの季節が一番化学物質過敏症患者には辛いんですよね。
実は今私自身、毎日、咳とかゆみ、強烈な睡魔と闘っています。PCに8時間ほど向かう仕事なので、電磁波の影響も受けて、頭もボーっとします。
見かねた上司が「電磁波カット」のグッズを買ってくれました。仕事中に時々触れてみては様子を見ているのですが、効果はいまいちです。(^_^;)

ともかく、できることはすべて実行してみましょう。
専門病院で「化学物質過敏症」と診断が下されれば、水戸黄門の「印籠」のようにはなるはずです。

化学物質過敏症だからと職場を首にするような会社なら、労働基準局を巻き込めばよいんです。
今は10年前よりも理解をしてくれる人はいるはずです。
自分の身は自分で守るしかないんですから、頑張りましょう。



お帰りの前にお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






posted by おたま at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・シックハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。