2009年07月09日

栗林のり子さんのDVD出演効果は絶大です

今度の都議会議員選に、娘のシックスクールのときに、お世話になった栗林のり子さんが出馬しています。

あれは、まだ薄ら寒い時期だったと思います。

栗林さんからお電話を頂きました。

「考えるところがあって、都議会議員選にでることにしたので、できれば、シックスクールのときのことをDVDに出て話してください」

二つ返事でお受けして、娘も一緒に出演しました。

*このDVDは選挙が公示されてからは、一般の人に見ていただくことはできないので、3月頃から6月末頃までに沢山の方がご覧になったようです。
完成したDVDを見て、自分の膨張した姿に愕然としたり、娘が臆せず堂々と栗林さんとの思い出を語っている姿に感動したり・・・。

撮影当時は、6年前に一緒に行政や学校と交渉した日々が思い出されて、ウルウルしてしまいました。

そんな思い出が一杯詰まったDVDは、瞬く間に沢山の方々がご覧になりました。

スーパーで見知らぬ方から、親しげにお声をかけていただくことも少なくありません。

「ノーメークで、ジャージじゃ買い物行けないよ〜〜」と思わず、娘に愚痴ってしまうほどです。ダッシュ(走り出すさま)

そんな中、公示されてからのある日の午後・・・。

近所である方が子供たちの帰宅の交通整理をなさっていました。

「お世話になっています」

いつものように、顔見知りのその方にご挨拶しました。

娘が卒業しても、地元の子供たちはわが子同様に大切です。

娘が在籍していようといまいと、お世話になっていることには違いありません。だから、いつも、どなたが交通整理をなさっていても、笑顔でご挨拶することを心がけています。

そして、私が通り過ぎようとしたときのこと・・・・。

「あの、Nさんですよね?この間、取材受けませんでしたか?」

取材??? 心あたりがないけど・・・と考えていると・・・。

「今日、仕事帰りに栗林さんの事務所に行こうと思っていたんですよ」

「まあ、きっと栗林さんも喜びますよ」

「じゃなくて、あなたに会いたかったんです。連絡先を学校に聞くこともできないし」

exclamation×2え、そうなの。一体何故exclamation&question

その方のお話は以下の通りでした。



●シックスクール児童が在籍していた頃と、今とでは学校の施設に対する配慮が違う。

●シックスクールになった生徒がいるから、きちんとする。
いないから、配慮しなくても良い。

そういう問題ではない気がしてきた。

●もっと、詳しいことを知りたい。

●シックスクール対策マニュアルを読んでも、知りたい情報や聞きたいことが分からない。

●勉強会など開いて欲しい。情報を得る手段がない。



嬉しい驚きでした。

シックスクールに限らず、学校環境の改善は、情報の共有しかありません。

「お宅のお嬢さんが在籍していた頃は、ワックスをかけないように言われていたのに、今はワックスをガンガンかけています。あれって、シックスクールじゃない子には大丈夫なんですか?」

と聞かれました。

ワックスはできれば、使わないにこしたことはありません。

スクール用ワックスは、エマルジョン系(詳細は別途記事にします)の水性ワックスになってきています。

それでも、臭いで頭痛を起こしたり、吐き気を訴える児童は娘以外にもいました。

「なるべく、少量でキレイに塗る工夫をしてください。換気に注意してください。窓を開放して早く臭いが消えるようにしてくださいね」

とお願いしました。わーい(嬉しい顔)

「日ごろの手入れも大事ですから、窓ガラス磨きやトイレ用洗剤などを極力使わず、汚れたら掃除するという習慣をつけると良いですよね」

とお話ししました。

DVD出演により、多くの方々がシックスクールや化学物質過敏症について興味を持ってくださいました。

けして、特別な体質の人がなる病気ではなく、誰でもある日突然発症する可能性があるのが、化学物質過敏症です。

栗林さん、ありがとうございました。

DVD出演効果は絶大ですよ。

私たち一般市民と政治家が共に手を取り、活動すれば、こうして何かの形になるんですね。

学校関係者への、シックスクール勉強会を今度は開かないといけないですね。

シックスクールに限らず、まだまだ大きな課題があります。

栗林さん、p(`_´)qですね。



お帰りの前にお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村













この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123113638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。