2007年09月23日

マラソン

9月22日。マラソンというドラマを見ました。

二宮和也さんは、この演技で平成19年に放送個人賞を受賞しました。

自閉症の青年がフルマラソンに挑戦するまでのドラマでした。

このドラマは、韓国の「マラソン」という映画のリメイクです。

主人公は実在の人物です。

自閉症の青年の母親の揺れる思いが伝わってきました。機会があれば、韓国映画「マラソン」も見ていただきたいと思います。

さて、私が娘の化学物質過敏症の発症により、他の自治体よりも数倍の速さで対応していただけたのは、何故か。

良く聞かれる質問です。

私はこう答えます。

けして、自分の思いだけに走らず、たとえ自分に不利益をもたらした相手であっても、責めることなく、現実を直視し、協力を求め、限られた選択肢の中からできることから始めた。

それだけです。

勿論、沢山の理解者や協力者がいたことも、良い結果に結びつく要因になっています。

感謝。感謝。感謝しかありません。

理解を強要するのではなく、事実を淡々と伝え、病気を理解していただく努力を惜しまないことです。

それでも、自分たちを取り巻く人間関係、環境は変わっていきます。

振り出しに戻ることもあります。

でも、一人ではないということを信じて、コミュニケーションを閉じないことです。

立ち止まることはできない。毎日がマラソンのようなものなのだから。。。。

VEXmaiKI0035IC.gif 化学物質過敏症患者の皆さん、継続は力なりですよ。


この記事へのコメント
おたま様、ご無沙汰しております。ブログのデザインを変えられたのですね。今度のも素敵です。日々ご尽力下さっていることに敬服させられます。本当にいつもお疲れ様です。どうぞおたま様ご自身もご自愛下さいますようお祈り致しております。またメールさせて頂きます。
Posted by えりか at 2007年10月03日 23:19
えりか様。こちらこそ、ご無沙汰しています。その後、お元気ですか?人生いろいろとありますが、お互い頑張りましょうね。
Posted by おたま at 2007年10月13日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。