2013年11月15日

お問い合わせフォームからのご質問を下さる方へ

お久しぶりです。
CS患者の娘の大学生活も順調です。
もはや、「元」をつけたほうがよいほど元気です。
とはいえ、油断大敵ですが・・・。

さて、時々このブログの左にある「お問い合わせ」からご質問を頂きます。
つい先日のこと、11月9日の日付でお問い合わせを頂戴しました。
かなりの長文で項目ごとにまとめお返事をさせていただいたのですが、アドレスが「あて先不明」で戻ってしまいました。

心当たりがある方は再度メールアドレスをご確認のうえ、再度お問い合わせください。
内容はメールですので「私信」にあたるのでしょうが、もし、再度のお問い合わせがなかった場合は、個人情報を省き、一般的な回答として左の「掲示板」にお返事を掲載します。

いまだ、後が絶たないほどお悩みのご相談を頂きます。

医学が進んだとはいえ、「シックハウス」への関心がなくなるのではなく、「誰にでも起こること」として、多くの人に認識していただき、CS患者へのご理解が深まることを願ってやみません。

お問い合わせくださった場合は、すべてお返事をしております。

とはいえ、私も自分の体と相談しながら仕事をしておりますので、お時間を頂戴することがありますので、ご理解いただければ幸いです。

では、心当たりの方、どうぞアドレスをご確認のうえ、再度メールをお問い合わせフォームからお願いします。

ではまた。

2013年07月07日

牧場の匂い

7/6は娘の大学のお祭りでした。
都心からかなり離れた広大な敷地の学内に入ると、どこからか「牧場の匂い」が・・・。

いわゆる、牛の○ンチと草が混ざったような匂いです。
鼻が利く私にはとても辛い環境ふらふら

ところが娘に言わせれば「自然との共存」なのだそうで・・・。
続きを読む
posted by おたま at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

諦めないで!勝てる試合をすれば良い!!

最近、「うちの子供は学校へ行くべきでしょうか」「子供が通う学校が心配です」というお問い合わせからのメールを沢山頂きます。

お子さんをお持ちの方ならば、ご心配なさるのは当然です。

実は、「化学物質過敏症」という病気はある日突然なるものではないのです。

そのことを親御さん、特にお母様が理解なさっていないと、お子さんの今の環境改善はもとより、お子さんの将来においても、「被害者」として過ごすだけにとどまり、沢山の可能性を持っている大切なお子さんの未来をつぶすことにもなりかねません。

そのためにも、何故、化学物質過敏症になったのか。
本当に学校環境だけが原因なのか。

冷静に原因を調べ、冷静に対応できる力をお子さんにも持っていただければと思います。
続きを読む

文部科学省発行「健康な学習環境を確保するために」

掲題の資料は文部科学省から発行されています。

このブログの右に複数のリンクを張っていますが、幾つかは該当する部分にヒットしないものもあります。

健康な学習環境を確保するために」は、
日本中どこの学校でも本来守らなくてはならないことが掲載されています。

ご参考になさってください。



お帰りの前にお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2013年04月15日

シックスクール・シックビルディングの交渉の大変さ

娘がシックスクールを発症してから10年経ちました。
小学校2年生の2月に学校改修工事が行われたことがことの発端です。
過去記事に当時のことを書いていますが、当時はまだ娘が発症原因となった学校に通学していたこともあり、ことを公にすることが交渉の成果を遅らせることにもなりかねず、書けない、書かないことが山ほどあります。

それはおいおい書いていきますが、今まさに行政機関との交渉が難航なさっている方のために、当時の記事のURLを貼り付けておきます。

沢山あるので、後で探してまた追記しますね。
続きを読む

2013年04月03日

化学物質過敏症と肝機能改善

別記事の「睡魔が〜」に非公開希望でコメントをくださったNさん。ありがとうございます。

すっかり忘れていたことを思い出させてくださいました。
化学物質過敏症の症状って、二日酔いにとても似ているんですよね。
つまり肝機能の低下により様々な症状を発症するわけです。

娘が発症したときに、「どうしても。どういう風に辛いのかわからない」とおっしゃった校長先生に
「先生はお酒を飲みますか?二日酔いしますか?」と聞き、

二日酔いはアルコールにより体内に「アセトアルデヒド」が滞留し、肝機能低下により「激しい頭痛」「嘔吐」「倦怠感」「筋肉痛」「蕁麻疹」「強烈な睡魔」「喉が渇く」「視力が低下する」「集中力低下」「情緒不安定」が起こる


化学物質過敏症の人が何らかの化学物質に曝露すると、それらが超微量でも「二日酔い」と同じ症状に陥る


と説明して、納得していただいたことがあります。

これは、当時の北里大学病院の化学物質過敏症専門医からの説明でわかったことです。

続きを読む
posted by おたま at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・シックハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

睡魔が〜〜

以前から夜昼逆転の傾向があったけど、最近は夜早く寝ないと朝が辛いので、なるべく早くに寝ています。
でも、体内時計が睡眠は5時間でよいと起こしてしまうのです。

化学物質過敏症患者はどちらかというと「夜型」が多いと以前娘の主治医に言われたことがあります。
でも、それではまともな社会生活はできません。
続きを読む
posted by おたま at 03:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康・シックハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

北里大学病院での化学物質過敏症診察

北里大学病院に以前あった「化学物質過敏症」の窓口が変更となりました。
右のリンクも変更しましたので、ご確認ください。
アレルギー科・臨床環境医学センター(環境医学外来)になりました。

受診前にいくつか準備しておくことや注意がありますので、上記のリンク先をよくお読みになった上で、事前に電話で予約してくださいね。
続きを読む
posted by おたま at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・シックハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

シックスクール児童が高校を卒業。そして難関大学合格!!

小学校3年生になるという2月。
娘は学校の改修工事で「シックスクール」に罹患しました。
まだ8歳と7ヶ月でした。たらーっ(汗)

明るい子で、興味を持ったことは言われなくても勉強し、思いやりに溢れた活発な子でした。
それが、本当に突然、「風邪かな」と思っていたのが中々治らず、3年生にあがり帰宅しても寝てばかり。
頭痛や吐き気に襲われる日々。
6月9日。娘は頭を抑え「痛いよ〜」と転げ周りました。
そして、「化学物質による化学物質過敏症」と診断されたのが10月でした。
視野狭窄、記憶できない、寝てばかりいる、常にイライラし、暴言を吐く。
人が変わってしまったようでした。
あれから、9年7ヶ月・・・。
3月12日。娘は高校を卒業します。わーい(嬉しい顔)

続きを読む
posted by おたま at 03:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

謹賀新年

tamakazari-s1.jpg
明けましておめでとうございます。


2011年は震災があり、大変な一年でしたね。皆様のところは無事でしたか?

続きを読む
posted by おたま at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。